ArchLinuxでIPを静的に固定する

CentOS 7 や Ubuntu 14.04 などに漏れず,Arch Linux でもレガシーなネットワーク設定はできないので,新しいネットワーク設定の仕方を覚える意味も込めて設定をしてみました.

ip コマンド

ifconfigは使ってはいけません.”ip addr”や”ip maddr”を使います.
ifup/ifdownの代わりに,”ip link dev up/down”を使います.

netctl と systemctl

新しいLinuxの管理システムでは,ctlで終わる管理ツールによって設定などを管理します.
serviceやchkconfigはsystemctlに置き換わります.
ネットワーク管理はnetctlで行います.

ネットワーク設定

“/etc/netctl/examples”にnetctl用の設定ファイルがたくさん置いてあるので,これらをコピーして使用します.
今回はeth0デバイスでIPを静的に固定することを目標にします.

Address,Gateway,DNSなどを書き換えたら,設定を反映させます.
ここでは,起動時に設定が反映されるように,systemctlにも設定を行います.

これで,再起動してもIPの設定が反映されているはずです.

未分類

Posted by tanitanin


PAGE TOP