さくらVPSにgcc4.7.1を仮組みしたときのメモ

今回はずっと入れたかったgcc 4.7.1 をついに入れるお話。
 
gccを入れるとはいっても、今入っているgcc 4.4.6を消してしまうわけにもいかないので、
まずは一時的な場所でビルドしてみることに。

参考にしたサイト→GCC 4.7をMinGWで自前ビルドしてみたらけっこう大変だったの巻
 
やはり苦労した先人がいるというのは心強い。
というわけで以下メモ。/tmp/に入れるという設定で。
 
まずはgmp-5.0.5/mpfr-3.1.1/mpc-1.0を/tmp/にインストール。
このときmpfrはgmp、mpcはgmpとmpfrに依存するのでconfigureするときに–with-gmp=/tmp/とか–with-mpfr=/tmp/をつけること。
(今回はpplとかcloogはつかわないことにしました。だってエラーが・・・)
 
$ cd gmp-5.0.5
$ ./configure –prefix=/tmp –enable-shared –enable-static
$ make
$ make install
$ cd mpfr-3.1.1
$ ./configure –prefix=/tmp –with-gmp=/tmp –enable-shared –enable-static
$ make
$ make install
$ cd mpc-1.0
$ ./configure –prefix=/tmp –with-gmp=/tmp –with-mpfr=/tmp –enable-shared –enable-static
$ make
$ make install

全部エラーがでなければおkなのでいよいよgccちゃんを入れる。

$ ./gcc-4.7.1/configure –prefix=/tmp/ –without-ppl –with-mpc=/tmp/ –with-mpfr=/tmp/ –with-gmp=/tmp/gcc/lib/gmp –enable-shared –enable-threads –enable-languages=c,c++,objc,obj-c++ –enable-libgomp –with-true=generic –with-dwarf2 –disable-nls –disable-werror –with-system-zlib –enable-lto –enable-libstdcxx-debug –enable-fully-dynamic-string –enable-cxx-flags=’-fno-function-sections -fno-data-sections’ –disable-libstdcxx-pch –disable-bootstrap

$ make LD_LIBRARY_PATH=”/tmp/lib”
$ make install
 
これでやっとできたけど、pplとcloogを入れてビルドできるかどうか。
できることを祈ってこれから挑戦。

未分類

Posted by tanitanin


PAGE TOP